読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の質感、私たちの五感を使う手製本ワークショップ

先週の日曜日、手製本の基本のきほんワークショップを行いました。 こちらのワークショップ、仕上がりが華やかなものができるというわけではないのですが今後製本を『自分で』やってみよう、と思う方の入門としてはピッタリではないかと思っています。 豆本…

4F製本教室の紹介

地味にゆっくりと製本の魅力や面白さ、知るきっかけを発信しているFactory 4Fですが今回は3回シリーズでの製本ワークショップ開催。 講師は今までも4Fでワークショップを行ってくださった、田茂山 仁 先生(柿澤憲専堂製本株式会社・東京都製本工業組合 - …

2017 初のファクトリーツアーで今年のFactory 4Fを考える

1月も後半ですが皆さんお元気ですか? Factory 4Fでは今年初めてのファクトリーツアーが開催されました。ある企業の方々計5名の参加。皆さん仲が良さそうで賑やかな時間を過ごされていました。 企業の団体さまの中には社外に皆で出る事があまり無いのか皆…

理想の紙活字インキを求めて、特練インキ工場へ!

今回お邪魔したのは、特練インキ=特色インキの専門メーカー・印材舎の川越工場。 このブログをご覧になる方には説明不要かもしれませんが、特色インキとは、CMYKのプロセスカラーでは再現できない色を再現するために、特別に調色されたインキのこと。 DICや…

アートホステルで本の展示会

先日、本の展示会に行ってきました。何度かこのブログでも出ていますが、篠原紙工の社員でもある新島龍彦(にいじまたつひこ)と彼の学生時代の同級生、梶原恵(かじわらめぐみ)の2人のから成るSHILHOUETTE BOOKS の展示です。 梶原恵+新島龍彦 「本の横顔…

あなたにとって大切な本はありますか?

10月8日(土)11:00-17:00で『継ぎ表紙の上製本づくり』のワークショップを行います。4F製本教室『 継ぎ表紙の上製本づくり 』 - connpass 継ぎ表紙の製本…. 聞いてもどんなのだか想像つかない ? かもしれませんね。 私も最初、言葉だけでは分かりませんでし…

活版印刷 × 箔押し × 製本 クロストークのおすそわけ

こんにちは。お久しぶりです。4F編集室の沼上です。 さる8月3日、Factory 4Fでは「ファクトリーツアー+クロストーク」というイベントが開かれました。 Factory 4Fの運営母体である篠原紙工も紹介されている『たのみやすい! 特殊印刷・加工・製本所イエロー…

この夏はスイカ食べた?

お盆でお休みをとった方々も多いのではないでしょうか?Factory 4F ではファクトリーツアーの参加もなく、社員も交代でお休みなので静かな工場となっております。 みなさんはどんな夏休みの過ごし方をしているのでしょうか。どこかへ行く、家でのんびり、趣…

情報に訂正があります//代官山 蔦屋書店スタイルで篠原紙工をご紹介

大変申し訳ございません。この代官山 蔦屋書店「蔦屋書店のものづくり」展、展示自体は8月14日(日)までですが 篠原紙工で手がけた文具の紹介は本日の夜には変更されるとの情報が入りました。 この週末に行こうと思われた方、大変申し訳ありませんでした。…

8月3日はファクトリーツアー&トークイベント!

『特殊印刷 加工・製本所 イエローページ』 たのみやすい!誰でも依頼ができる!ビジネスから個人まで、あらゆる用途・要望に親切に対応、加工所の人が見える! MdNさんから出版されたこの本に篠原紙工/Factory 4Fが紹介されています。ありがたいことにMdNさ…

夏休み、親子でファクトリーツアーはいかがでしょう?

紙加工のイベント4Fes!の際に 『こういう工場イベントは年に1回だけなのですか?』 『平日しかファクトリーツアーはしてないのですか?』 こんな声が聞こえてきました。 土曜日は通常より機械の稼働率が低いことからあまり積極的にファクトリーツアーを行う…

「手製本の基本のきほん」ワークショップについて

「本が好き」と言っても様々。 4Fに興味を持ってくださっている方は「読書」「装丁」「デザイン性」「紙」「製本」「工場 ?」と色々いると思います。そして素敵な装丁、デザインを見て「本」という立体物を作ってみたいな...と思ったことがある方も多いので…

沈黙の茅の輪くぐり

梅酒の次は神社です。 去年に引き続き、夏の大祓に行って参りました。この半年間の厄を祓い、この夏を心身ともに元気に何事もなく過ごすための神事です。◎昨年のブログ神社でおはらい - 4F Blog チガヤというススキのような植物で作られた茅の輪(ちのわ)を…

ちょうど良い手作業量

梅ジュースを作りました。 去年は梅酒を漬け、いよいよ皆で味わう予定なのですが、お酒を飲めない人も結構いることに今更気づき、今年は梅ジュースにもチャレンジしてみることにしました。 コクがあるお砂糖の方が好みなのでその延長できび砂糖で作ってみる…

有機的な村、篠原紙工

今週もそろそろ終わりですがみなさんはどのような1週間でしたか? Factory 4Fのある篠原紙工では先日、工場見学で小学校3年生から6年生のお客様をお迎えしました。みなさん断裁の迫力、そして0.3mmの厚さの紙が切れることに『ワーっ!』と興奮していました…

紙とは関係のない話

Factory 4F 静かな日々が続いておりますが営業、折り、中綴じ、と各部署でのちょっとしたバタバタは常日頃。スムーズに仕事が進みますようにと見守りながらFactory 4Fのこと、会社のこれからを考えております。 *4Fバンダナの洗濯をしたのですが、ここまで…

4Fes! ありがとう

みなさん、こんにちは。Factory 4Fの タブチです。 4Fes!が終了して約1週間が経ちました。改めて、お越しいただいた方々本当にありがとうございました。工場は気の抜けたような感じがした日もありましたが、また私たちの日常が戻ってきました。4Fes! 後の日…

印刷のいろはフェスタ2016

土曜日の朝、おはようございます! 4F編集室の沼上です。 けさは大田区鵜の木できのう・きょうと開催中の印刷フェス「印刷のいろはフェスタ2016」をご紹介◎ 会場は、東急多摩川線・鵜の木駅から線路沿いに歩いて3分ほどのところにある印刷会社の金羊社さん…

紙箱の宇宙は広かった! 〜 紙器研究所「箱覧会2016」

こんにちは。4Fブログをご覧の皆さま、はじめまして。 4Fの編集室長をしている沼上純也(ぬまかみ・じゅんや)と申します。 (実は、Factory 4Fには「4F編集室」という制作チームがあるのです!) Factory 4Fももうすぐ2周年ということで、この4Fブログにも…

静寂すぎる静物画家、ジョルジョ•モランディ

今年の1月、東京ステーションギャラリーにある展示を見に行った様子をブログに上げました。そして次回の展示はイタリアの画家 ジョルジョ•モランディであることを告知してからすっかり時が過ぎてしまいました。この展示の宣伝美術はALL RIGHTの髙田唯さん、…

ファクトリーツアーで紙ではなく、日本のお話

ここ最近のファクトリーツアーでのお話。3月はわりと毎週お客様がみえました。ある日は日本在住のフランス人の方々が来てくださいました。観光客向けのサイトからFactory 4FにたどりついたということでしたがFactory 4F単独の英語サイトもない中ではここを…

鳩サブレーに心をつつかれました

前に神奈川県の印刷組合の方々が工場見学に見えた時のこと、手みやげにお菓子を持ってきてくださいました。 それは、鎌倉名物の鳩サブレー。 私も好きです。ヨーロッパと日本のちょうど中間くらいのあっさり味のビスケット、いえ、サブレーが。 篠原紙工の社…

CDアルバム「モメント e.p.」clammbonさんとの共同制作

昨年のことですが、いつもお世話になっている箔押しで有名なコスモテックさんのFacebookである方が写っている投稿写真が目に留まりました。「…ん?コスモの青木さんとそのとなりはクラムボン?」 【 解禁 】 クラムボン 原田郁子さん ご来社! そのワケは!…

組織での意識変化

ここ最近のFactory 4F、篠原紙工の社員はインフルエンザの病に襲われとても静かだったようです。私もその一人で、症状は軽かったのですが非常に体がだるく、しばらく静かに過ごしておりました。おかげであっという間に前回のブログから時間が空いてしまいま…

職人とアーティストの共同作業

東京ステーションギャラリーで行われている『パリ、リトグラフ工房 idem から-現代アーティスト20人の叫びと囁き』というタイトルの展示に行ってきました。 *リトグラフとは平らな石の上に描画し、印刷する版画のこと。 メトロのフリーペーパーの中でこの写…

セミナーレポート!印刷営業に製本・紙加工の知識をどう活かすか?

先日、我らFactory 4F代表の篠原が JAGAT(日本印刷技術協会)でセミナー講師を務めさせていただきました。 タイトルは『紙製品の表現を広げる後加工』 これをお題に、 ○ 株式会社 NACAMURA さま ○ 株式会社 田中紙工 さま ○ 有限会社 篠原紙工(Factory 4F…

ドイツ装の制作風景

4F BOXには12種類の製本・紙加工見本帳が入っております。 ユニークな折り方、綴じ方とそれらがどのように作られるかの説明書付。 紙が好きな人、製本に興味がある人、デザイナー、印刷会社の営業さん....紙媒体のものを作る時にいつもと同じような感じにな…

江東区の歩くワクワクを作る

『地域を盛上げていこう!』という動きは日本全国あります。 私は比較的に東京から近い地方出身者ですが両親は関西であるせいか、生まれ育った土着の文化にどうしても一歩引き気味で、県民アイデンティティのようなものがありません。なので故郷に対する情熱…

新年も日々の延長

明けましておめでとうございます。 年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?Factory 4Fでは年末1、2階の工場はペンキ塗り、Factory 4F は必要ないモノを処分したりと片付け&大掃除でした。 私も机周りの紙類を処分しましたが、大掃除とは年末の行事の…

ストーリーを作るワークショップ

今月の初め、silhouette books のワークショップが開かれました。 4Fでワークショップやイベントを開くようになって今では臨機応変に対応できたり予測ができるようになりましたが始めの頃は緊張をかくすことにもエネルギーを使っていたことを思い出します。 …

新しい機械入りました!そしてその子との相性

篠原紙工ではミシン綴じという製本方法があります。Factory 4F、篠原紙工の4階にそのミシンはあり、綴じ作業が行われております。一応工業用ですが製本用というわけではなく洋服を縫う専用の機械です。 *販売している紙加工見本セット 4F BOX Factory 4F に…

殻も何もかもピストルで撃ってみよう!

このブログに目を通してくださっている方は工場だけでなく美術館へ行くのが好きな方もいらっしゃるでしょう。Factory 4Fの属する篠原紙工でも美術館関連のお仕事をさせていただいています。 正直なところ、わたしにとって美術館はものすごくエネルギーをとら…

カレンダーにまつわる思い出

篠原紙工のFactory 4F。ここも工場の一部なのでいろんな音が常にしてます。糊付け機、レーザー、プレス機、エレベーター、館内放送、インカム電話、会話、人が行き来する音...その中でFactory 4Fの文章を書いているのですがここ最近、独特な音が鳴り響いてい…

本は人生を支える

旅する図書館は本のサロン、本好きが集まり、毎回違うテーマで本にまつわる話をします。暗やみ本屋ハックツ、というのは大人から寄贈された「10代のうちに読んでおきたい!」本を19歳以下の若者だけが買える古本屋さんす。 その2つが掛け合わされて「10代の…

この絵本はどこにあなたを連れて行くか

デザイナー梶原恵さんと造本作家 新島龍彦さんの2人からなるSILHOUETTE BOOKS の本がこの度グラフィック社より出版されることになり、その出版記念イベントとして12月6日(日)13:00よりFactory 4F にてワークショップを行うことになりました。 彼らの得意と…

あなたはどんな旅をしていますか?

LIFE IS JOURNEY *篠原紙工1F、断裁機の前です 製本工場でギター1本のライブ、生き方トーク、詩の朗読、おもしろいですね。一体何をやっているのでしょうか。先日Factory 4Fで行われたイベント「ライフイズジャーニー」のタイトルそのままの意味を考えてみ…

本のサロン『旅する図書館』に参加してあったイロイロ

こんにちは。 今日は『旅する図書館』という本にまつわるサロンへ参加した時のお話をします。みなさんは『サロン』という言葉にどういうイメージをお持ちでしょうか salon フランス語ですが昔、貴族が自分のお城に文化人、学者、芸術家、等を招いて哲学的、…

朱印帳ってそもそも何だ?

こんにちは、Factory 4Fのタブチです。 ワークショップのお知らせです。 11月20日(金)19:30~21:30、Factory 4F で『朱印帳をつくろう!』と題して朱印帳を手で作ります。講師は手製本で有名な 株式会社 博勝堂さんから講師をお招きします。プロの技ですが…

Factory 4Fができるまでの話を少し

こんばんわ。Factory 4Fのタブチです。 2015年、11月11日、は昨日。 去年、2014年11月11日は Factory 4Fがプレオープンパーティーをした日。 1年は365日、改めて数を見るとそんなに長くないような気もしますが、過去を振り返ってみると平凡な日々ながらも色…

製本工場で写真集刊行パーティー!

こんばんわ。Factory 4Fのタブチです。 11月始めのイベントは写真集『STILL LIFE』の刊行記念トーク。どのように本が作られたか、制作チーム勢揃いのトークです。 写真集出版記念トークというと写真家とデザイナー、編集者が人前で話をする、というスタイル…

写真集『STILL LIFE』トークイベント、いよいよ明後日

こんにちは。Factory 4Fのタブチです。 Factory 4F、11月はイベントがたくさんあります。まずは11月6日(金)写真家である一之瀬ちひろさんとグラフィックデザイナーの小熊千佳子さんが手がけた写真集『STILL LIFE』の刊行記念トークイベント。彼らは『PRELI…

紙加工の実験、コツコツやってます

こんにちは。 じゃばら折り。山あり谷あり、の折り方。折り紙という文化がある日本人にはなじみのある折り方ですね。 Factory 4Fでは隔週で『4F PAPER』というフリーペーパーを出しています。Factory 4F PAPER ここではFactory 4Fでどんな事が行われたかを新…

4F BOX 組み立て中

4F BOX 第一弾 が完売して、第2弾を製作中。この箱、組み立てるのは手作業です。前回組み立てたのを思い出しながらの作業です。これを一人でやっていて頭の中ではこの工程をブログに書こうと決めたものの、文章にするのがすごく難しい事に気づき、写真で適…

篠原社長 初!出張セミナー!

こんにちは。 Factory 4F初の出張『製本の基本のきほんセミナー』でした。地方からのお客さんがセミナーに行きたくても行かれない!というお話をファクトリーツアーの際にしていた事がきっかけで『篠原社長を外に出そう!計画』が始まりました。 不思議なこ…

布で封筒を作る

9月は昔に比べて休みが増えたなぁ、と思っていたらあっという間に終わってしまいました。とくに連休前の一週間は会社の内部の事や4Fのイベントなど濃厚な日々が続きました。過去を振り返って少しずつ、Factory 4Fでどんなことが起こったか、お話しします。 …

製本会社の小さな助っ人機械、そして4F BOX 制作中

おかげさまで少しずつ4F BOX が売れはじめ、只今、箱の組み立て中でございます。 バラバラのパーツを組み立てるのですが、その際にある便利な物を使います。 オートテープカッター *スイッチを入れると...独特な可愛らしい音が鳴ります この小型の機械、両面…

パン屋さんの生き方セミナー

先週、社内で勉強会を行いました。ここは製本会社、ですが来てくださったのはとあるパン屋さんのパン職人。 なぜこんなことに? 4Fメンバーの一人、ALL RIGHTの北條 舞 氏が『近所に面白いパン屋さんがいるの、パン作りの話から宇宙の話になるんだよ』と。私…

紙?布?ワークショップで封筒を作ろう

こんにちは。 Factory 4F の協力メンバーである中村麻由美さんのワークショップ『4F 放課後製本部!』今月は9月12日の(土)に行います!内容は裏打ちした布でA5サイズの封筒作り。 裏打ちとは、、、薄い紙を布に貼付ける事によって布から糊が染み出たりする…

木活字で活版印刷

紙加工工場、オフセット印刷、活版印刷の3社を巡る『大人の社会科見学ツアー』ラストは渋谷にある活版印刷のPrintworks Studioでした。 渋谷の真ん中、いつ来てもオシャレな空間。オーナーの長谷川さんが印刷の原点、歴史を解説し、久々講義に出席した気分に…

紙トートバック活用中

先日、4Fの打ち合わせに出かける際に以前にお伝えしたウェブテックスという革のような紙で作った小さな紙トートバックを持って行きました。 この日は4Fイベントの際のBGMについての相談、打ち合わせでした。その方がこのバックを見たとたん興奮気味に「何こ…