読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しく、より充実した働き方を考える!

スタッフが綴る4Fな日々

こんにちは Factory 4Fのタブチです。

 インディペンデントで創作活動をしている人の為のシェアオフィスを運営しているco-lab(コーラボ)さんとFactory 4F、ここ最近交流が始まったのですが、先日co-labさんのご紹介でコクヨさんが運営するクリエイティブサロンスペース『KREI SALON』で KREIさんのオープン5周年パーティー&トークセッションに参加させていただきました。

 

この『KREI』というスペース、普段はコクヨさんのデザイナーさん達のオフィスとしてやブランディング開発、主に創造的活動の場として使われているそうです。そのビルの上にインディペンデントな働き方をしている人の為のシェアオフィスco-labさんが入っている、という場所です。

 

f:id:Factory4F:20150601165506j:plain

 

場所は西麻布にあるコクヨさんの洗練されたビル。

入ると音楽を流すDJブースもあり、センスある音が流れていました。そしてアート作品のように食べ物が並んでいます。何かと思ったらサンドイッチの具材を選んでオープンサンドを作りタイトルをつけてそれを写真に撮るという『食』のワークショップが行われていました。いろんな食材があって一つ一つは小さい具材なのですがまるで宝石のようにきれいに並べられていて、普段自分が作るサンドイッチに比べたらなんて洗練されているのだろう!と思うと同時に欲張ってたくさん具材を入れなくても小さな具材を少し挟むだけで十分に美味しいものが作れると思いました。

 

f:id:Factory4F:20150601165545j:plain

f:id:Factory4F:20150601165610j:plain

 

f:id:Factory4F:20150601165633j:plain

トークセッションの内容は創造(Think)と実験(Do)をコンセプトに活動してきたKREIさんがどのようにしてアウトプットしてきたか、分かりやすく言うと、思いや考えをいかに形にして世に出してきたか、ということでしょうか??そして今後どのように変革、活動していくか、というような内容でした。登壇者のみなさまは創造的現場の第一線で活躍している方々ばかりで目に見えない世のクリエイティブの大本というのはこのような方々が発信源として成り立っているのかもしれないと思いました。

 

イノベーション』という言葉が何度も行き交い、乏しい自分の知識の中から何かしらその言葉と結びつけるように今までの経験や学んできたことを引っ張りだし考えながら話を聞いていました。

イノベーション。ビジネス等でよく使われますが、大ざっぱに分かりやすく解釈すると、新しい切り口や行動で、新しい価値観や考えを作り出す、と考えていいのでしょうか。そこから新しいお金の動きも生まれるのであれば私たちの住むこの資本主義というのは常にイノベーションの繰り返し?というのは大袈裟かもしれませんが、私なりの考えではそんな気がします。

 

f:id:Factory4F:20150601165744j:plain

 

f:id:Factory4F:20150601165757j:plain

 <下が見下ろせます。吹抜けのようになっていて開放的な空間です。左奥上ではEchosticsによる生演奏>

 

自分に置き換えて考えてみると篠原紙工の中でFactory 4Fも小さなイノベーションなのかもしれません!いろんな問題や課題があるということはイノベーションのチャンス、その問題を解決すべく、考えて、それを実行する、まさにこのトークの お題『Think and Do』につなげて考えさせてもらいました。イノベーションになりうる可能性を見つけて行動起こすのも結局は人、そういう人をいかに増やしていくのかがこれから重要になってくるのかもしれません。自分で自分の仕事を作り出す、自分1人でも何でもやってやろう、と思える気概みたいなものがありつつも全体像をもみれる。そういう人は仕事を単なる銭稼ぎの手段として捉えてるのではなく、何の為に仕事をしているのか、と常に自問自答、疑問を考えている人なのだと思います。そういう人がいわゆる、イノベーションを起こしていく人になりうるのだろう、と私なりに小さい答えを出しながら皆さんのお話を聞いていました。

f:id:Factory4F:20150601165903j:plain

<Factory4Fのパンフ置かせていただきました!> 

 

 

組織に属しながらもフリーランスの働き方精神を持って働くとより毎日が創造的な日常になる気がします。そういう精神では許されない会社員の方々も多いかと思いますが、そこだけが自分の人生の全世界だと思わずに勇気を持って小さな小さなイノベーションを少しずつ行っていったらいつか大きなことになるかもしれません。多くの人がより心地よく新しい働き方ができる日本になったら良いなぁ、と心から思った日でした。

 

co-labのスタッフの方々お誘いありがとうございました。新しい道を開くことを考える良いきっかけとなりました。

Factory4F  http://factory4f.com/

 

f:id:Factory4F:20150601170145j:plain