読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かのためのしごと

 

PDによる印刷セミナーやco-lab墨田亀沢、Printworks Studio Shibuya、Factory 4F3社のトーク&4F工場見学、イベント続きです。

 運営側として携わり、仕事をしながら片耳でセミナー、トークを聞いていたのですが皆さんとてもエネルギーに溢れており、どのようにして今の仕事や仕事のスタイルに辿り着いたのだろうと考えていました。

 

f:id:Factory4F:20150625190835j:plain

*受付しつつ耳はセミナー頭は考え事

 

23日のアイワード浦氏の印刷の知識を人々に与える原動力は『人類を救うため』と言葉はとても大げさですが、伝えたいことは分かります。印刷の知識を広めることよってデザイナーやレタッチャーやその周りにいる人の仕事が少しでも充実し理解度が深まれば喜びが生まれ、またそれがエネルギーとなって連鎖していく。知識が多くなればそれだけ新しいアイデアも生まれ、大きくみれば業界も盛り上がる。

まるで教科書に出てきそうな言葉ですが、人のためという精神がどこかにないと良い仕事はできないということでしょう。

 

f:id:Factory4F:20150625190945j:plain

 

そんなことをぼんやり考えながら印刷セミナーを聞き、翌日の3社合同のトークイベントでもまた技術的なことやビジネス以上に人の喜びを考えた仕事の話が出てきたので『人のために働く』ということを今一度考えなさい、という天からの知らせか?と思っています。

 

f:id:Factory4F:20150625191007j:plain

 

さて、自分の仕事を見回すとそこまで人のために仕事する、と実感できるほどではない、と言いたくなります。自分がやった仕事が結果的にはどこかで喜んでくれている人もいるのだろうと思うけれどそれを感じるほど精神性は高くない。ではどうしようと考えた時に自分の身近な人、特に仕事仲間と気持ちよく仕事できること、仲間に喜んでもらえること、それも人のための仕事と考えていいのかもしれません。お金になるかは別で、しかも狭ーい、小さな世界ですが...。

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

f:id:Factory4F:20150625191033j:plain

*コバ塗り体験の様子、実演してる本人が一番楽しそうでした