読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Factory 4Fができるまでの話を少し

こんばんわ。Factory 4Fのタブチです。

2015年、11月11日、は昨日。

去年、2014年11月11日は Factory 4Fがプレオープンパーティーをした日。

1年は365日、改めて数を見るとそんなに長くないような気もしますが、過去を振り返ってみると平凡な日々ながらも色々あったな、と感じます。

去年の11月11日何してました?

 

f:id:Factory4F:20151112180739j:plain

 

Factory 4Fをプレオープンするまでにも道のりはありました。話し合ってもなんだか着地しないというか、『では、具体的にどうする?』というのが見えなかったり。

話し合いがまだワクワクの段階なら良いものの、徐々にワクワクを超えて、

『で、一体どうする?』になってくると今度はうじうじ?になってきます。

私はそのステージを行動の時期、と捉えていますが過去を振り返ってもその通りだったと思います。

 

f:id:Factory4F:20151112185859j:plain

 

その皆の謎なウジウジを一気に引っ張っていったのがFactory 4Fの土台作りプロデュースを代表篠原とともに作り上げたALL RIGHT GRAPHICSの北條 舞さん。

 

どんより雰囲気を一気に『OK!オープンしよう、不安?ならまずプレオープン!』と彼女の細くも確実に強い風は一先ず動こう!という具体的な方向へ一歩進ませました。

 口で言うのは簡単で、話し合いが楽しいワクワクの時期も必要だけど、ずっとそれだとせっかくのワクワクも腐ってしまうんですね。

これが私個人なら何かしら行動はしてたでしょう。しかし、ある程度の人間があつまるとせっかくの案が腐る前に誰かが引っ張らなければならない。

 

f:id:Factory4F:20151112185949j:plain

*あの時お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

 

『でも...集団だとその一歩が難しい...だって皆がどう思うかも分かんないし.....』

かもしれませんが、もしこれが私個人だったらどう行動する?と自問して『私ならOOするな、』とその考えに根拠などなくても自然なかたちで自分の決断を信じられたらたとえ集団でもやってみるべき、ということです。その重要性をあの時のFactory 4Fと北條さんから学び、その気概を盗まさせてもらいました。

 

プレオープンをしたからって劇的に変わったわけではないけれど、動いたことによりまた新たなアイデアも出たし、正直なところ見えなかった問題もたくさん浮上してきました。そこからまた話し合い、行動して、次、また次、と.......いわゆる、小さな積み重ねです。

f:id:Factory4F:20151112191722j:plain

*今では特別な時以外はやりませんがこのときは篠原社長も工場案内をしました

相変わらず、今でもたまに『製本工場だよね、なにやってんの?4Fって何なの?』の良きも悪きも声はむしろ近い所から聞こえてきますが、あの時の北條 氏からせっかく盗んだ気概を使わねば、とばかり、素知らぬ顔をして行動し続ける図太さがFactory 4Fには身についたと思います。

f:id:Factory4F:20151112195046j:plain

*PARTY! 

f:id:Factory4F:20151112195317j:plain

*この時も寿喜多(すぎた)さんはお料理を提供してくれましたネ!そして清澄白河の山食堂さんのケータリングもありました。

 

確かに時々、『これで良いのだろうか?何やってるんだ?どうしたい?』と思うことは多々ありますが製本業界、製本工場を多くの方々に知ってもらうためのFactory 4Fの活動を通して篠原紙工、製本業界、地域、多種多様なお客さん、といろんな所に繋がることができています。工場の中にFactory 4Fのような間口の広い部署(?) があるとつい目の前の仕事に追われがちな製造業にとっては良い刺激になるのではないだろうか。

f:id:Factory4F:20151112195614j:plain

*全員、ではないけど集合!

 

外部からの慣れない風は時に変化として嫌な毒に捉えられてしまいがちですが、強く、しなやかに、何かあっても、『まぁっ、いいかっ!』くらいの気持ちでとにかく続けることが大事かね!と去年の写真をみながら過去を振り返りました。

 

f:id:Factory4F:20151112195704j:plain 

そしてこんなに色々振り返ってたのに昨日は文が書けず、オフィスの模様替えでした。去年の今頃、今日がどうなると思っていたでしょう??では今日は来年2016年の11月11日を想像してみる日にします。

 

f:id:Factory4F:20151112200629j:plain

f:id:Factory4F:20151112200659j:plain

*社長らしいデスクに

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/