読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年も日々の延長

スタッフが綴る4Fな日々

明けましておめでとうございます。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?Factory 4Fでは年末1、2階の工場はペンキ塗り、Factory 4F は必要ないモノを処分したりと片付け&大掃除でした。 

私も机周りの紙類を処分しましたが、大掃除とは年末の行事の一つで掃除や片付けは毎日の行いなんだよね....とシンナー臭い中ボーッとしながら自分に言い聞かせていました。片付けや掃除は終わりのない仕事です。よし、もっと日々頑張ろう....とちょっと自分の情けなさを感じている中、とても嬉しいお知らせが届きました。

12月上旬に行ったsilhouette books主催のワークショップに対するお礼の手紙です。開けてみると可愛らしい文体で文字が書かれていました。差出人はワークショップに保育士の方が参加されていたのですがその方とその園児さん(5歳)からのお礼でした。そして先生からの素晴らしいレポート付!子供達がどのように制作をしていたのかが一目で分かる内容でした。このワークショップで学んだことを保育園で活かしてくださった保育士さんに心から感謝です。大変嬉しい!

f:id:Factory4F:20160105160740j:plain

f:id:Factory4F:20160105160644j:plain

この代表?に選ばれた子の作品を読むととても幸せな家庭に育っている様に私には見えました。

ベッドで笑顔で眠っている自分?ちゃんとスリッパもあって、お家にはクリスマスツリーもあって、部屋もデコレーションしてあるのか?なんてその子がどんな子か想像は広がりますが、もしかしたらこれはこの子の想像の世界かもしれない、とも感じます。『ワタシの思うクリスマスってこんな感じ!』と子供ながらに何か理想や感じることはあるでしょう。

時計の針は夜中12時、5歳からしてみたらこの時間は遥か彼方遠い時間と思っているのではないでしょうか。私は子供の頃そうでした。夜中12時は何か特別な時間と思ってました。それを過ぎたらどうなるんだろう?とか

f:id:Factory4F:20160105160913j:plain

きっと子供達はまた来年(もう今年)の12月クリスマスとかお正月が楽しみでしょう。

では大人は?

年末年始はちょっと苦手な方って多いのでは?私は特に社会人になってからいつも何か腑に落ちない感覚がありました。落ち着かないというか、楽しいんだけど妙にソワソワするあの感じ。どうしたらもっと穏やかに過ごせるだろう?と考えていました。まだ模索中ですが単純に年末も年始も自分の中であまり特別扱いしないというのがここ数年で出た答えです。

f:id:Factory4F:20160105155503j:plain

どうしても環境や周りの情報によって心がソワソワ、忙しい!あれもしなくちゃ!これできてない!となりがちですが、それは自分がまだ修行が足りず周囲に影響をされてしまう未熟者ということで。なのでまた来年勝負です。年に1度しか味わえないあの妙な雰囲気なのでなかなか実践が難しいですが、歳を重ねるごとにどんな環境にいても穏やかになれたらなぁと毎年.....思うのです。来年はもっと良い年末年始にしようと思うとある意味、成長する喜び、大人の楽しみはそこかな?と思います。

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/