読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休み、親子でファクトリーツアーはいかがでしょう?

お知らせ

紙加工のイベント4Fes!の際に 

『こういう工場イベントは年に1回だけなのですか?』

『平日しかファクトリーツアーはしてないのですか?』

こんな声が聞こえてきました。

 

土曜日は通常より機械の稼働率が低いことからあまり積極的にファクトリーツアーを行う計画はしていなかったのですが、お客さんからしてみたら稼働率が低くても工場に足を踏み入れること自体に興味があるのでは?プチ ワークショップ等をつけて工夫して不定期ででもやってみよう。という現場の声もありこの度、7月30日の土曜日にファクトリーツアーを行なうことになりました。

◎申し込みはこちら→ファクトリーツアー on Saturday ! - connpass

 

今回は工場見学プラス、工場内にある機械を使って簡単なノート作りのワークショップを行います。その日4Fでは製本ワークショップも行なっているので賑やかにかるかな?と想像しております。夏休みに入っていますし親子でファクトリーツアーに参加するのもおすすめです。みなさん、土曜日の少しゆったりとした工場へ是非遊びに来てくださいね。

 

f:id:Factory4F:20160719180334j:plain

 

さて、ここでちょっとお話を。

私が毎週水曜日のファクトリーツアーを担当させてもらい1年以上が経ちました。最初は毎回どんなお客さまが来るか、どうしたら喜んでもらえるか手探りでしたが、他のイベントも含め4Fに来てくださるお客様が帰る時の様子にある共通点があることに気づきました。

 

セミナー、ファクトリーツアー、ワークショップ、と初めて来る工場に緊張の様子はみなさんあるのですが終わった後に元気づけられるというか、明日からの仕事をまた頑張ってみよう、というようなエネルギーをもらって帰る方が多いのです。例えるのであれば良い本を読んだ後にちょっと影響されて行動に変化が出る、というような感じ。

 

f:id:Factory4F:20160719180419j:plain

Factory 4Fに来るお客さまは印刷、製本、デザイン関係の方が多いのですが何かしらここで仕事への刺激やヒント、アイデアだったりを求めて辿り着く、というのもお客さまを通して気づきました。製本・紙加工のことを知ってもらう窓口、工場の現場とお客さんが直接顔を会わせる開かれた工場、として始めたファクトリーツアーですが少しでもみなさまの仕事に張り合いを与えられているならこんなに嬉しいことはありません。

 私たちがどんなことを与えられるかが少しずつ見えてくることによって自分たちのあり方、自分たちのあるべき基本も見えてきます。今ここでやっとスタートラインに立った気がします。

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/