読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017 初のファクトリーツアーで今年のFactory 4Fを考える

1月も後半ですが皆さんお元気ですか?

Factory 4Fでは今年初めてのファクトリーツアーが開催されました。ある企業の方々計5名の参加。皆さん仲が良さそうで賑やかな時間を過ごされていました。

企業の団体さまの中には社外に皆で出る事があまり無いのか皆さん緊張されていたり、ぎこちない雰囲気の方々もたまーにいますが、今回の方々は思った事を冗談まじりで言ったりと楽しい雰囲気でした。

 

f:id:Factory4F:20170124140713j:plain

*付揃えに挑戦

 ここ最近、ファクトリーツアーの案内は PUR機 担当の社員(新井翔子さん)と進行管理の(青柳健一さん)が担当しており私は工場に出るというより裏のもてなし側に回っているのですがファクトリーツアーが終わってお客さんの興奮度?のようなもので楽しかったのかイマイチだったのかを読むようにしております。

 

本当にありがたいことに、帰り際に『本当に楽しかった!!』と感動した様子でおっしゃってくださる方々がほとんどで、何か希望のような感覚、アイデアだったり、明日からの仕事へのやる気だったりが各方々に芽生えてるからじゃないか?と思うのですが、この Factory 4Fで受けた刺激はその後どんなエネルギーに変わっているのでしょうか。

 

f:id:Factory4F:20170124144524j:plain

 *後日、お客様からご丁寧にお礼のメールまでいただきました。ありがとうございました。

 

このファクトリーツアーは毎週水曜の週1回のペースで開催しており、参加者がいない時もありますが月にゼロ...という月はなく、ちょうど良いペースでお客さまにお越しいただいております。

 Factory 4Fをオープンした時は製本工場のもの珍しさに来てるだけで数年後はすっかりお客さん来なくなったり?なんて事も想像したのですが、ありがたい事にその逆でお客さんは少しずつ増えております。この先、お客さんにもFactory 4Fにもどんな変化があるか。また私たちがどう変化できるか楽しみでもあります。

 

お客さんに良い刺激を与えるということは自分たちが良いエネルギーを持つべきでは...ということを考えると日々の業務の取り組み方、ストレスとの付き合い方、社内の人間関係、そういう細かいところに埃をためないことが大切、とますます実感するようになりました。

そして凝り固まった考え方をしないことでしょうか。そのためには想像力も大事...と考えると私たちがより良い変化のためにチャレンジすることはたくさんあります。

2017年はそういうより本質に近い部分の変化にチャレンジの年にしたいなと思います。

 

皆様、マイペースなFactory 4Fではありますが今年もよろしくお願い致します。4Fes!計画も着々と進んでおります。工場でお会いできるのを楽しみにしております。

 

☆Factory4F タブチ http://factory4f.com/