読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4Fes! 前夜祭は 松田行正さんがやってくる ヤァ ヤァ ヤァ!

 

4Fes!の前夜祭にはブック・デザイナーの松田行正さんがいらっしゃいます。

 ◎松田さんのオフィス、牛若丸出版 usiwakamaru

 

松田さんと篠原紙工との縁は『GET BACK NAKED 1969年、ビートルズが揺れた21日間』という書籍の制作。弊社で生まれた「いいかげん折り」が本になってしまう、というなんとも見たことのない造本の制作から始まりました。

 

f:id:Factory4F:20170417154105j:plain

 

この本を制作している時期の篠原紙工、手加工チームはかなり悪戦苦闘していましたが納品した際のホッとした表情が記憶によみがえります。(どの仕事もですが….)

 

この本の詳しい制作過程等はこちらをご覧ください!

http://www.s-shiko.co.jp/casestudy/get-back-naked/

 

この本、手に取ると分かるのですがいい加減な形に折られた本文が本になっており、正直ページはめくりにくいし、読者の手間をとらせます。ひょっとしたら単なる読み物の本としてとらえた時、クレームがくるかも?しれないくらい、めくりにくい。

 

でも松田さんの造本コンセプトが「歪んだホワイト・アルバム」グループ崩壊のビートルズを表現して「不揃いで歪んだ本」にしたかったそう。私はそれを聞いて、確かに読みにくく、ページはめくりづらい本かもしれないけれどそのコンセプトを全面に押し出してやっちゃうのがすごい!と感激したのを覚えています。

 そしてそれを作っているのがまた弊社、篠原紙工ってよく考えたらぶっ飛んでるよなぁ、と思いました。

 

読者に『ちょっと、ページがめくりにくいよ!』って言われても『はい、その通りですが、何か?』とある意味、堂々として言いたいです。

 

私はこの本の裏話を話しているのが聞こえた際、やっぱりやりたいと思ったことはやっていいのだね。なんて勝手に話を膨らませて自分に『君ももっと自由であれ』と言い聞かせたのを覚えています。

 

f:id:Factory4F:20170417145155j:plain

 *エネルギー溢れる素敵な松田さんです

 

前夜祭は弊社の社長、篠原慶丞と松田行正さんのトークなのですが…..この仕事が動いている際ですらも実際に会ってお話ししたことはない….!

つい先日お互いあいさつを交わしていましたが、当日どんなトークが繰り広げられるか楽しみです。

松田さんはデザインの歴史についても詳しいお方なようで、(篠原も歴史が好きとはよく言ってますが…)いったいどんな話になるのか、楽しみです。

 

今年も製本工場にミラーボールと不思議なDJが登場する予定ですが、どんな選曲でしょう。ローリングストーンズとかでも。

 Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

f:id:Factory4F:20170417155452j:plain

*ミラーボール〜 

 

 

f:id:Factory4F:20170417154626p:plain