読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の質感、私たちの五感を使う手製本ワークショップ

先週の日曜日、手製本の基本のきほんワークショップを行いました。

こちらのワークショップ、仕上がりが華やかなものができるというわけではないのですが今後製本を『自分で』やってみよう、と思う方の入門としてはピッタリではないかと思っています。

f:id:Factory4F:20170131151131j:plain

 

 豆本といってもFactory 4Fで作るのは小さな紙を折ってのり付けするだけ。

しかしその内容は冊子本タイプ、のり綴じタイプ、ジャバラ、と同じ種類の紙、同じサイズからでも多様な本ができるということの意味が含まれています。よく考えれば当たり前かもしれませんが、今一度立ち止まって本の作り方について考えられる内容です。

 そして豆本以外にも厚みが違う紙で本を2冊ほど作ります。こちらの内容の目的は厚みが違うことによってページのめくり感だったり、触ったときの手の感触だったり、はたまた本の全体像への影響だったり、という違いを知ることです。(良い写真が無くてゴメンナサイ)

 

f:id:Factory4F:20170131152546j:plain

 

私たちが書店で手にする普通の本はあくまでも作る側、売る側のチョイスで全て出来ており、読み手である消費者はそれを受け取る(買う)だけですが、気に入ってる書籍をOO紙(紙の銘柄/OOkg)で印刷されているのが欲しいなぁ~、なんてことを考えるようになったら本物の紙好き。将来、紙の本の良さが感覚、感触、嗜好品的に重点を置かれた場合、そういうオーダーメイドが主流になるのでしょうか。

 

f:id:Factory4F:20170131152801j:plain

*左が冊子本、右はのり綴じ (雑でゴメンナサイ) 

 

同じ内容の本でも印刷されている紙によって本という『物体』の印象は変わるでしょう。

しかし、ふと考えました。紙の種類が違うと書いてある内容が同じであっても読み手の受け取り方に影響があったりするのでしょうか?内容と本の物体とそれを五感で感じる私たちに何かしらの関係はあるのか?別の話になってしまいそうですが、そんなことも想像します。

ワークショップでは紙を切る工程は含まれていないので講師担当の新島さんが前もって断裁機で紙を用意してくれていたのですが、紙にズレは無く….キレイに二つ折りができました。このちょっとしたズレが仕上がりの本に影響が出るのでやはり製本作業にも向き不向きはあるかもしれない…。

 私は学生時代に製本に出会い、自分のできる範囲で作っていましたが私の場合は綿密に美しく仕上げる、というより表現とコンセプトが重要だったのでそこまで神経質に製本をしていませんでしたが、どうせ作るのなら美しく、効率よく仕上がる方がいい。あの当時このワークショップに参加していたらもっと気軽にもっと製本を身近に感じながら作ることができただろうなぁ、なんて思いました。

 

f:id:Factory4F:20170131153519j:plain

この日のお客様はFactory 4Fに初めての方と何度か来たことがある方合わせて7名、とても穏やかな時間でした。失敗する人がいるわけでもなく、黙々と手作業が進められました。

手作業だけでなく、紙には目があることの説明や手製本が体験できる他の場所、書籍のおススメなども内容に含まれていて最後はお茶を飲みながらの時間。皆さんも打ち解けてきて色々な声が上がりました。私たちはお茶の時間を結構大事にしているのですが、今後、お茶の時間にもっと工夫できることはなんだろう?

限られた条件で見た目にも味にも全てをパーフェクトにできているわけではないのですがその分、相手を喜ばす時間をもっと充実させたいなと思っています。

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

 

4F製本教室の紹介

地味にゆっくりと製本の魅力や面白さ、知るきっかけを発信しているFactory 4Fですが今回は3回シリーズでの製本ワークショップ開催。

 講師は今までも4Fでワークショップを行ってくださった、田茂山 仁 先生(柿澤憲専堂製本株式会社・東京都製本工業組合 - 東京製本高等技術専門校

漢字ばかりで長いご紹介?

 私たち製本会社は製本組合というのに入っていてそこには製本学校というのがあります。(主に手製本や機械の使い方等を学びます)

そこで講師をしている方が田茂山 仁 先生です。

 

f:id:Factory4F:20170126164221j:plain

*過去のワークショップ『 継ぎ表紙の上製本づくり 』

 

篠原紙工からも毎年1名、終業後に学校へ通っています。卒業したある社員の案で『製本学校の先生を招いて4Fで出来たらいいね、』ということから始まった企画なのですが、今までのワークショップで田茂山先生ご自身も楽しんでくださったようで!今回3回はシリーズの教室になりました。

 さて、3回シリーズワークショップ、最終的にできるモノは『箱入りの文庫本』と考えていただければ良いかと思います。2月11日の第1回目は、『紙の束(つか・たば)が本になるまでの工程を知る、学ぶ』です。

 まず、先生が持ってきてくださる文庫本の背をザックリ切ってしまいます。(本を切るって何だかバチが当たりそうな気がするのは私だけですかね。)

 

f:id:Factory4F:20170126164522j:plain

 

想像すると1枚1枚ペラの紙になりますね。(バラバラに落としたらページが大変になる状態!)その紙(本)を揃えて背を糊で軽く固めます。この状態だと、いわゆるペリペリはがせるメモ帳の状態。(分厚い状態です)そこからさらに薄く束の状態でナイフで裂きます。

 

f:id:Factory4F:20170126162552j:plain

*指で上げた部分の束は糊で固められてます。分かるかな....

 

分解された文庫本がいくつかの糊で固められた束の状態になりました。今度は糸かがりの作業、糸でつないで束を合体させます。

 

f:id:Factory4F:20170126162455j:plain

*糸でかがられた全体

 そして小口(本の辺)にマーブリングという技法を用います。チョコレートとかの模様でもあるやつです。

 

f:id:Factory4F:20170126164612j:plain

f:id:Factory4F:20170126164850j:plain

*過去のマーブリングのワークショップ 

 

1日目はそこで終了……

何となくでも分かりますかね?

 

このワークショップに参加すると手製本のわりと上級に触れることができます。上級と言えども少人数で行いますのでどなたでもご参加ください。残りお席2名です!

 

◎お申し込み↓

factory4ftour.connpass.com

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

 

2017 初のファクトリーツアーで今年のFactory 4Fを考える

1月も後半ですが皆さんお元気ですか?

Factory 4Fでは今年初めてのファクトリーツアーが開催されました。ある企業の方々計5名の参加。皆さん仲が良さそうで賑やかな時間を過ごされていました。

企業の団体さまの中には社外に皆で出る事があまり無いのか皆さん緊張されていたり、ぎこちない雰囲気の方々もたまーにいますが、今回の方々は思った事を冗談まじりで言ったりと楽しい雰囲気でした。

 

f:id:Factory4F:20170124140713j:plain

*付揃えに挑戦

 ここ最近、ファクトリーツアーの案内は PUR機 担当の社員(新井翔子さん)と進行管理の(青柳健一さん)が担当しており私は工場に出るというより裏のもてなし側に回っているのですがファクトリーツアーが終わってお客さんの興奮度?のようなもので楽しかったのかイマイチだったのかを読むようにしております。

 

本当にありがたいことに、帰り際に『本当に楽しかった!!』と感動した様子でおっしゃってくださる方々がほとんどで、何か希望のような感覚、アイデアだったり、明日からの仕事へのやる気だったりが各方々に芽生えてるからじゃないか?と思うのですが、この Factory 4Fで受けた刺激はその後どんなエネルギーに変わっているのでしょうか。

 

f:id:Factory4F:20170124144524j:plain

 *後日、お客様からご丁寧にお礼のメールまでいただきました。ありがとうございました。

 

このファクトリーツアーは毎週水曜の週1回のペースで開催しており、参加者がいない時もありますが月にゼロ...という月はなく、ちょうど良いペースでお客さまにお越しいただいております。

 Factory 4Fをオープンした時は製本工場のもの珍しさに来てるだけで数年後はすっかりお客さん来なくなったり?なんて事も想像したのですが、ありがたい事にその逆でお客さんは少しずつ増えております。この先、お客さんにもFactory 4Fにもどんな変化があるか。また私たちがどう変化できるか楽しみでもあります。

 

お客さんに良い刺激を与えるということは自分たちが良いエネルギーを持つべきでは...ということを考えると日々の業務の取り組み方、ストレスとの付き合い方、社内の人間関係、そういう細かいところに埃をためないことが大切、とますます実感するようになりました。

そして凝り固まった考え方をしないことでしょうか。そのためには想像力も大事...と考えると私たちがより良い変化のためにチャレンジすることはたくさんあります。

2017年はそういうより本質に近い部分の変化にチャレンジの年にしたいなと思います。

 

皆様、マイペースなFactory 4Fではありますが今年もよろしくお願い致します。4Fes!計画も着々と進んでおります。工場でお会いできるのを楽しみにしております。

 

☆Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

  

理想の紙活字インキを求めて、特練インキ工場へ!

スタッフのおすすめ

f:id:Factory4F:20161125042412j:plain

 

お久しぶりです。4F編集室の沼上です。

12月も目前にせまり、街はクリスマスムードが漂い始めたこの頃。Factory 4Fでは、次のイベントの準備が進んでいます。

その名もいいかげんなCOFFEEファクトリー。4Fでもおなじみの「紙活字」と「オリジナルコーヒーのブレンド」を同時に、そして“いい加減”に楽しむことができるワークショップです。

この良い加減のワークショップを前に、講師のお二人(和田由里子さん・守田篤史さん)と一緒に紙活字にぴったりな印刷インキを求めて、特練インキ工場へお邪魔してきました。

今回はその工場見学の様子をお届けします!

 

 

印刷文化を支える「特練インキ=特色インキ」

 

f:id:Factory4F:20161124230659j:plain

 

今回お邪魔したのは、特練インキ=特色インキの専門メーカー・印材舎の川越工場。

このブログをご覧になる方には説明不要かもしれませんが、特色インキとは、CMYKのプロセスカラーでは再現できない色を再現するために、特別に調色されたインキのこと。

DICPANTONEなどのカラーチャートにある色はもちろん、常に安定していなければならないブランドを象徴する色(タバコのPeaceのパッケージに由来する「ピース紺」は有名ですね)から、微妙な自然素材の色まで、デザイナーが指定するさまざまな色を印刷物で再現するための特色インキが生み出されるのが、こうした特色インキの工場なのです。

ちなみに、印材舎は世界でも数すくない特色インキに特化したインキメーカー。大正12(西暦1923)年創業の老舗です。
社史をみると、創業当時は輸入に頼っていたグリース真鍮磨きやグラビアインキの国産化に成功し、日米英仏の特許を取得して鉄道省陸軍省海軍省に製品を納入するなど、しれっとすごい実績が書かれていたりします。

あの有名企業や人気商品のブランドイメージだったり、うっとりするような印刷物だったり。そんなこんなを縁の下から支える特色インキの製造現場へ。代表取締役社長の朝生公章さんにご案内いただき、いよいよ潜入です!

 

 

インキは寝かせて「色」を出す

 

最初に案内していただいたのは、インキの原材料を混ぜ合わせる工程。粘り方や乾燥方法まで考えたうえで、グラム単位で原材料を配合します。

 

f:id:Factory4F:20161125003627j:plain

大きなタンクのなかで、色の素である「色料(顔料・染料)」、ワニス(樹脂・溶剤)、添加剤を正確に計量しながら配合していきます。

 

f:id:Factory4F:20161125003935j:plain

こちらがインキに配合する樹脂。ちょっと見た感じは生キャラメルみたいで美味しそう(?)

 

f:id:Factory4F:20161125005245j:plain

インキの原材料が混ぜ合わされたところ。

インキは60°Cほどの温度で常に温められているので、この区画はもわっとしています。その理由を朝生さんにお尋ねすると、「顔料とワニスが混ざりやすくするため」とのこと。特にスミは、暖かいところで寝かせると色が良くなるのだとか。インキも生き物だということを思わずにはいられないエピソード!

印材舎では、最低でも一晩、長いと一週間ほど寝かせることもあるそう。この寝かせる工程とそのあとの練肉(れんにく=インキを練ること)の工程によって美しい「色」を引き出すのです。

 

 

正確さへの飽くなき挑戦

 

f:id:Factory4F:20161125011949j:plain

 

続いて見せていただいたのは、原材料を攪拌(かくはん)しながら混ぜていき(=混合攪拌)、「色」を作り上げていく工程。

 

f:id:Factory4F:20161125012304j:plain

機械と職人さんの手の両方で混ぜ合わせます。この段階ではインキもかなり硬いので、そうとうな重労働。

 

f:id:Factory4F:20161125012812j:plain

練ったインキが色見本と合っているかをチェックします。短冊にカットした紙にヘラでインキを伸ばし、サンプルと色比べをしていきます。

 

f:id:Factory4F:20161125013109j:plain

光にかざして色味をチェック。チェックしては原材料を微調整して練り直し、練り直してはまたチェックして、を繰り返す集中力と色への知識が要求される作業です。納得する色になるまで数時間かけて調整をすることも。

 

 

「練り」がインキの品質を決める

 

f:id:Factory4F:20161125020510j:plain

 

色の調整を経て、ようやくたどり着いたのが、こちらの大型の機械。「平型3本ロールミル」という機械で、インキの練り具合を調整してパッケージされた製品へと仕上げていきます。

 

f:id:Factory4F:20161125021025j:plain

品質基準に合格した製品をローラーの奥側に乗せると、インキがローラーの間を通って手前に押し出されてきます。これによって顔料の粒子がつぶされ、インキにツヤが生まれます。

 

f:id:Factory4F:20161125022216j:plain

ローラーの間で練られながら手前へと押し出されてきたインキは、ヘラを使ってふたたびローラーの上に乗せられ、さらに練られます。

練りが甘いと印刷の際に色がきれいに出ません。指定の硬さになるよう調整しながら、しっかりとインキを練り上げます。インキの最終的な品質を左右する重要な工程です。

 

f:id:Factory4F:20161125022121j:plain

色の種類や用途によってローラーの圧かけ方や平型3本ロールミルに通す回数も変わります。普通の色は2回通しが基本のところ、スミは粘りにくいので3回通しが基本になっているとか。

ローラーからもったりと押し出されるインキと、それをリズミカルにすくってはふたたびローラーの上に乗せていく職人さんの手の動きはしばらく見ていてもまったく飽きません。

 

f:id:Factory4F:20161125024130j:plain

指定の硬さに練り上がったインキは、缶に充填され、ラベル貼り、梱包を経て出荷されていきます。

 

 

 「色」をつくる頭脳

 

f:id:Factory4F:20161125025929j:plain

 

インキの製造工程を見学した後にご案内いただいたのは、「色」を生み出す頭脳とも言える部屋でした。

ここでおこなわれているのは、オーダーされた色を印刷用インキとして再現するための製品設計=レシピ作り。コンピュータで分析した数値をもとに、熟練の職人さんが知識と経験をもとにインキを調色していきます。

 

f:id:Factory4F:20161125031039j:plain

短冊にカットした紙にヘラでインキを伸ばして確認するのはもちろん、見え方が変わる場合があるということで展色機でも印刷して確認。

こうしてできたレシピにもとづいて、先ほど見てきたような工場での量産がおこなわれます。

 

f:id:Factory4F:20161125032246j:plain

こちらが製品設計のマイスター・千田宗雄さん。「デザインのひきだし」にも登場したベテランです。「どんなに機械が進歩しても、結局最後は人の目なんです」とは社長の朝生さんの言。

 

 

ストックされた「色」たち

 

f:id:Factory4F:20161125033447j:plain

 

最後にご案内いただいたのは、たくさんの棚がずらりと並んだ部屋。朝生さんがおもむろに引き出しを開けると、そこには小さな缶に入ったこれまでに作った特色インキがずらり。

 

f:id:Factory4F:20161125033729j:plain

「繰り返し注文が入る色は、最初(の注文を受けた際)に作った色と最後(の注文を受けた際)に作った色の間に収まるようにします。そうすると誤差がどんどん狭まるので、色がブレずに済むんです」と朝生さん。

 

日頃、何気なく接しているさまざまな印刷物に使われている特色インキ。それができるまでには、こんなにもたくさんの工程があり、その一つ一つに職人さんたちの目と手が関わっていたとは!

 

そんな驚きと感動に浸っていると、和田さん・守田さんの冷静な声が。

 

 

理想の紙活字インキを求めて

 

f:id:Factory4F:20161125035759j:plain

 

「例のインキのほうはいかがですか?」

 

そうでした。紙活字にぴったりなインキを求めて我々はここを訪れたのでした。

 

すると「こちらに用意できています」と朝生さん。

 

f:id:Factory4F:20161125035812j:plain

 

実は、お二人は紙活字にも適した活版印刷用のオリジナルインキの開発を依頼しており、この日は製造現場の見学を兼ねてサンプルを受け取りにきたのでした。

 

乾燥の度合いが変わるように配合を違えた二種類のサンプル用インキを受け取り、印材舎の皆さんと意見交換をしてこの日のミッションは無事終了。

 

後日、テストを終えた和田さん・守田さんのお二人からはこんな声が寄せられました。

 

「黒がきれいだなぁと言う印象です。オフセットでも版画インキでも見たことのない黒。深くてピリッとしてきれい。金属活字の細いヘアラインもきれいに出ますし、紙活字の広面積でも活きてきます」(和田さん)

 

「黒の深さはオフには出せない深さでサイコーです!」(守田さん)

 

お二人が印材舎の皆さんと一緒に開発したこのインキ(※アップデート中)は、12月3日のFactory 4Fでのワークショップにも登場する予定。

 

このインキの何がスペシャルなのか、お二人から直接、じっくりお聞きいただくのも一興ですよ。

 

イベントのお申し込みはこちらからお願いします!

 

factory4ftour.connpass.com

アートホステルで本の展示会

お知らせ スタッフが綴る4Fな日々

先日、本の展示会に行ってきました。何度かこのブログでも出ていますが、篠原紙工の社員でもある新島龍彦(にいじまたつひこ)と彼の学生時代の同級生、梶原恵(かじわらめぐみ)の2人のから成るSHILHOUETTE BOOKS の展示です。

梶原恵+新島龍彦 「本の横顔展」

 

f:id:Factory4F:20161102160051j:plain

 

タイトルは『本の横顔展』

学生時代からの彼らが手がけた作品、各個人の作品。2人が今までどんな作品を作ってきたかが見れる展示となっていました。

 

梶原さんはご本人の姿からはちょっと想像つきにくいのですが、強い意志と本を作るコンセプトがしっかりあって物語や彼女の世界観を本に落とし込むことが表現手段としてピタリとあっています。ブックデザインの会社に勤める彼女ですが学生時代の作品をみても内容も形も完成度が高い。梶原さんは本を作るための人、という感じがする素敵な女性です。

 

f:id:Factory4F:20161102164519j:plain

*初日の夜に行きました。この展示は夜遅くまでやっています 

 

内容がしっかりとあってその仕掛けもすごく計算されている、これだけ聞くとなんだか近寄りがたい近代的なアート本を手がけているかのように聞こえるかもしれません。しかし、彼らの本はひとことで言うと、とても優しく近寄りやすい。それは私たちの身近な素材『紙』を使っているのも一つの要因かもしれません。

 

f:id:Factory4F:20161102160455j:plain

*梶原さんの漢字を題材とした作品

 

コンセプトをうまく形にしているのが新島さんの本設計の表現です。彼の作品を見ているとまず「紙」が主役でその触り心地だったり色風合いを大事にしていて形もできるだけシンプル。まるで通常の本を見ているかのようですが本の内容とリンクしていて開くとちょっとした工夫や細部の美しさに心動かされます。

 

目を引くデザインというより角がきちんとでているとか、本を納める箱のサイズがジャストサイズとか無意識のうちに人間が美しいと感じるような所の設計をきちんとしているように感じます。そういう基本的な所をこの2人は大事にしていてそこが鑑賞者としてはとても入りやすい。

 

f:id:Factory4F:20161102162032j:plain

*新島さんの作品

『本の横顔』というタイトルからも角度を変えて本と言うものを捉えて鑑賞してみると良いと思う。読むという行為をする本ではなく、その本の仕掛けによってワクワクしたり頭を使ったり、なるほど!と思ったり。これはデジタルではできないなぁと思いつつも今回は新しくデジタルを取り入れた作品もありました。

 

f:id:Factory4F:20161102165956j:plain

 

 2人の紙の本からはちょっと遠い気がしましたがこの2人がデジタルを取り入れたとしたらどんな内容を作るのだろう、きっとデジタルを入りやすく紙の本でも感動したような同じ気持ちにさせてくれるに違いないと思う。

 

f:id:Factory4F:20161102162624j:plain

*量産でないアート本、ちょっと佇まいが違います

 

彼らの代表作『motion shilhouette』を購入する方々を Factory 4Fでも見ているのですが誰もが心を動かされているのがその場で分かります。この日の展示でもいくつか売れていたそうです。彼らの価値観、表現、能力が本というかたちになってそれが人様の心に届く。その結果、本が売れお金になる。美しい流れの仕事だな....といつも思います。

 

f:id:Factory4F:20161102162433j:plain

*開くと....そこには文字がりません。本当に美しい...想像力が湧きます

 

f:id:Factory4F:20161102164704j:plain

*クリスマスカード等でこういうのがあるといい!

 

 

展示は6日(日)まで、展示会場は品川にあるアートをテーマにしたホステルARTnSHELTERというところで開催中。明日3日はワークショップも行われるそうです。

日時:2016年10月30日(日)- 11月6日(日)
10:00 - 21:00(初日は14:30~)
場所:ARTnSHELTER(http://www.artnshelter.com/
〒140-0011 東京都, 品川区東大井1-19-10
京急本線鮫洲駅 徒歩2分/品川駅から電車と徒歩で8分
大井町駅 徒歩10分
入場無料

 

展示会場となったホステルの写真を少し。夜なのでちょっと全体が暗いのですが。

 

f:id:Factory4F:20161102163200j:plain

*カーブのかかった吹抜けの窓ここではPCが使えるようになっています

 

f:id:Factory4F:20161102163148j:plain

*なんと地下室。何やらアートの作品の痕跡?これから暗室等もやる予定だとか

 

f:id:Factory4F:20161102163207j:plain

*これからどんなホステルになるのか楽しみです

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

 

 

あなたにとって大切な本はありますか?

10月8日(土)11:00-17:00で『継ぎ表紙の上製本づくり』のワークショップを行います。4F製本教室『 継ぎ表紙の上製本づくり 』 - connpass

 

継ぎ表紙の製本….

聞いてもどんなのだか想像つかない ? かもしれませんね。

私も最初、言葉だけでは分かりませんでした。

簡単に説明すると、表紙と背の部分がひと続きになっていない本のことです。例えば、表紙は布貼りだけど、背の部分は革素材や厚い布であったりする本のことです。

先生からお借りしている本を手に取ってみると背の部分は革素材の物でとても重厚感があります。やはり開いたり閉じたりするので背を強化するためにこういう本ができたのかと思います。

 

f:id:Factory4F:20160930152612j:plain*こちらは背の部分が丸い丸背の上製本。中身は文庫本です 

 

ところで、自分の心のよりどころのような本はみなさんは持っていますか?

この継ぎ表紙本を見て、ある方の話を思い出しました。

 

その人は古くからのインドの智慧や人生哲学が心の支えで、内容が難しくても何度も何度も本がボロボロになるまで読み返し、しまいにはその本を製本し直して自分の1冊にしたそうです。その時の装丁が継ぎ表紙の本でした。

 

その方はそのインドの智慧を読むようになってからよけいなハウツー本を必要としなくなったと言っていました。読んでいくうちに、その人の人生経験も重ねて少しづずつその本が伝えたいことを理解していったそうです。

 自分の支えとなる1冊の本を自分で製本し直して大切に何度も読み返す、これこそこういう装丁がふさわしいなぁ、と思いました。

 

f:id:Factory4F:20160930153403j:plain

 

あなたにとってそういう本があればきっと何度も開いて読むでしょうし、愛情、その本に対して敬意みたいな心もうまれてくるかもしれません。

私にとって本とは美しい装丁、面白いデザイン、造形物という視点より先ずは中身。何が書かれていてどんな智慧や知識や感動を与えてくれるかというのが先。

物質としてなくなったとしてもそこから学んだことが自分の中に残ればそれで役目は終了です。

しかし、もし手元においておくなら、機能的に強化されていて、美しい佇まいの本が部屋にひっそりあれば毎日がより楽しくなると思います。

 

 

f:id:Factory4F:20160930153327j:plain

*先生の本にはマーブリングの施しもされています。今回マーブリングも行いますよ! 

 

Factory4F タブチ http://factory4f.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活版印刷 × 箔押し × 製本 クロストークのおすそわけ

こんにちは。お久しぶりです。4F編集室の沼上です。

さる8月3日、Factory 4Fでは「ファクトリーツアー+クロストーク」というイベントが開かれました。
Factory 4Fの運営母体である篠原紙工も紹介されている『たのみやすい! 特殊印刷・加工・製本所イエローページ』(エムディエヌコーポレーション刊)という書籍の刊行記念としておこなわれたこのイベント。

後半のクロストークでは、同書にて紹介されている三社から、高岡昌生さん(嘉瑞工房)、梅津浩さん(美箔ワタナベ)、篠原慶丞(篠原紙工Factory 4F)の三名がゲストとして登場(進行はエムディエヌコーポレーションの鴨英幸さんです)。

活版印刷・箔押し・製本というそれぞれのお仕事についての喜びや悩みなども垣間見えたクロストークの一部を4Fブログでおすそわけします!

※イベント全体のダイジェストは「Factory 4F PAPER 45」でご覧いただけます
https://www.dropbox.com/s/4a7cjb5l0ry7ab1/4fpaper_45_20160809.pdf?dl=0

 

f:id:Factory4F:20160822173408j:plain

——きょうのゲストでお集まりいただいた皆さんの会社は、お仕事やホームページを拝見しても一般的な印刷・製本業界のイメージを覆すような存在です。
どのようなことを意識してお仕事をされているのでしょうか? まずはFactory 4Fをつくられた篠原さんからお話いただけますか?

篠原 篠原紙工とFactory 4Fの代表をしている篠原です。
うちは父親が創業者で、ぼくは二代目です。

実は子どもの頃から製本会社がずっと嫌いだったんです。
ぼく自身最初は現場で機械をまわしていたんですけど、機械は好きだし、製本の作業自体も好きだった。

じゃあなんで嫌いだったかと言うと、世の中に出たら製本業なんて誰も知らないから。
クラスメートにも「製本会社」なんて通じなかった。
それが子どもの頃から嫌だったんです。

そこで、製本業についてその魅力も含めて皆さんに知ってもらいたいという思いもあってこういう場所をつくりました。
Factory 4Fでは、先ほど体験していただいたようなファクトリーツアーをやったり、セミナーやワークショップを開くことで、製本業をオープンにしようとしています。

 

——高岡さんはいかがですか?

高岡 嘉瑞工房という活版印刷の工房をやっている高岡です。
手間も掛かるし、設備の維持も大変です。
なので活版印刷はやめたいと思っています(笑)

いま業界という話が出ましたが、そもそも活版(印刷)は業界自体が存在できていない。
うちは創立60周年だけど、活版だけで60周年というのは珍しいんです。
活版から始めたけれど、いまはオフセット(印刷)などをしているところがほとんど。
20〜30年前に活版は業界自体がなくなってしまったんです。

うちも何度も危機がありましたし、いまも危機は続いているようなものです。
そこで生き残るために拡大路線はやめようということにしています。
工場見学も送迎もしない、基本的には立ち合いもできない。
なんでもやりますとはやりたくないし、うちでやらなくてもいい仕事は断ります。
ただ活版でやりたいというだけなら他のところでやってもらえばいい。
「うちでなくてはできないこと」のために技術を磨くというところにグッと潜り込んでやってきました。
だからうちはぜんぜん開けてない(笑)

 

篠原 でもこういうところに出てきてるじゃないですか(笑)

 

高岡 そうしないと潰れちゃうから。
出ろと言われたから来たけど、タイポグラフィについてではなく、活版印刷のことだけならほんとうは出たくない(笑)

世の中では活版ブームと言われますけど、ブームと言われるのも嫌で。
ブームはいつか必ず終わってしまう。
(一過性の)ブームにしないためにどうしたらいいかを考えてやっています。

ただ活版印刷を使ってみたいという声も聞きますが、活版は目的ではないんです。
目的ではなく手段。
いい名刺・いい印刷物をつくるための手段として活版印刷をやっています。

 

f:id:Factory4F:20160823012921j:plain

 高岡昌生さん(写真右)

 

——梅津さんはどうでしょう?

梅津 箔押しを専門にしている美箔ワタナベの梅津です。

活版印刷もそうですけど、いま求められているのは純粋なものだと思うんです。
すごく簡単に安くできちゃうものがもてはやされる一方で、(高い技術を注いで)すごく純粋につくられたもの、誰が見てもかっこいいと思うようなものもある。
その両極端だと思うんです。
そしてぼくたちは加工の魅力を生かす方向で売っていかないと、あるいは加工についてデザイナーさんや加工をする仲間たちと一緒に考えていかないと未来はない。

よく言うんですが、加工に関して1+1は2じゃないんです。
加工を組み合わせることで、単純な足し算以上のものが(印刷物に)宿ると思っています。

 

篠原 加工自体が目的ではないというのはうちも同じですね。
単純な「◯◯(加工)いくら」というのとは違うスタンスで仕事をしています。

デザイナーさんの「こういうものがつくりたい」という目的をどうやったら実現できるか、そういうことを考えながら「それならこういう加工はどうだろう?」という提案もどんどんしてきます。

 

f:id:Factory4F:20160823013210j:plain

梅津浩さん(写真左)

 

——デザイナーの方や私たち出版社で編集を担当する者にとって、加工はブラックボックスのようなところがあると思うんですね。普通は印刷会社にお任せという感じなので。
きょうは篠原紙工さんの工場を見学させていただいて、参加者の皆さんからも「かっこいい!」という声があがっていましたね。

梅津 こういう場を通じて加工の魅力や効果がわかってもらえたらいいといつも思うんです。
業界としては、閉鎖的なところがすこしあるので……

 

篠原 そういう思いもあって毎週水曜日にファクトリーツアーを開いているんです。

ところできょうは書籍の刊行イベントということですけど、たとえばこの本を受け取った時にどこから見ますか?
ぼくは本をもらうと真っ先に「開き」を見るんです。
糊の種類とか綴じ方とか、開き具合を見てどうやっているか考える。
活版だとやっぱり文字組とか見るんですか?

 

高岡 まあそうですね。

 

篠原 箔ならまずどこを見ます?

 

梅津 「ツヤ」とか「ヌケ」を見ますね。
箔の種類や押し方によって仕上がりが変わるので。

 

篠原 技術的に勝負とかしない?
「うちならもっと上手くやるな」とか。

 

梅津 それはある(笑)
あとはどういう機械でやったか考えます。

 

 

——高岡さんは先ほど活版をやめたいとおっしゃっていましたが、それってどういうことでしょうか?

高岡 活版印刷をやりたいから嘉瑞工房をやめたいということです。

活版印刷は仕事ですから、食べるためにはいろんな仕事を受けなきゃいけない。
そうするとやりたくないこともある。
それは当然ですね。

やりたいことだけやっていられたらいいけど、ほんとうにやりたいことに時間をなかなか費やせなくて。
自分がつくりたいと思ってるものは土日にちょこちょこっとやってはいますけど、逆に言うとそのくらいしかやれない。
ほんとうにやりたいことをやるためには嘉瑞工房をやめたほうがいいんです。

自分のものだったら気に食わなければ何度もやりなおすけれど、注文を受けた仕事だとなかなかそうも言っていられないし。
もちろんそのときどきで最善はつくすけれど、自分の意向と違うこともやらなきゃいけないので……

 

篠原 やっぱり機械をまわしている時がたのしいですか?

 

高岡 そうですね。
組版した結果を印刷して確認するのが楽しみです。

 

篠原 梅津さんは何してる時がいちばん楽しい?

 

梅津 試作ができあがって最初にお客さんのところに持っていく時ですね。
できあがったその時点では、世界中でまだオペレーターとぼくしか見ていない。
それってすごく贅沢だと思うんです。
お客さんに見せた時にどんな反応があるか想像するのも楽しみ。

 

篠原 梅津さんとは普段から仕事をすることがあるんですけど、ドヤ顔で試作をもってくる時があるんです。
いまその理由がわかりました(笑)

梅津さんのところは造幣局、日本のお金をつくっているところと同じスイス製の機械を使っているんですよね。
いい箔押しの機械って他の機械と何が違うんですか?

 

梅津 見当だったりの精度が違います。
しっかりセットをすれば、多面付けしても見当がズレないんです。

 

篠原 なるほどね。

 

梅津 あとは多面付けするほど、ツヤやヌケも難しくなりますね。
絵柄次第で箔押しの難易度は変わるんです。
面積が大きくなるほど難しくなりますし。
うちは事前にデザインを見せてもらって絵柄次第で見積もりも変えています。

 

篠原 うちも加工の見積もりが会社によってぜんぜん違う理由をよく聞かれるんです。
同じ仕様で見積もりをとったのに会社ごとに価格が違うのはなぜなんだと。

たとえば、決まったルーティンのような仕事を主にしているところと都度違った課題に取り組んでいるところでは、同じ仕様で見積もりをとってもけっこう違ったりします。
それは各社が自分たちの普段やっている仕事内容を踏まえて見積もりを出しているからなんです。
仕事の内容に応じてどこまで細かいことをケアする必要があるかを考えたり、求められる精度を出すための配慮も含めた価格なのか、あるいは仕様書に書かれたことだけを機械でやる価格なのか。

ひと口に印刷・加工と言っても、そういう違いがあることを知ってもらえると嬉しいです。

 

——まだまだお聞きしたいことは尽きないのですが、そろそろ時間がきてしまったのでこのあたりでトークは終わりにさせていただけたらと思います。
お三方とも、本日はありがとうございました。

 

 

f:id:Factory4F:20160822180854j:plain

『たのみやすい! 特殊印刷・加工・製本所イエローページ』

編集:フレア
発行:エムディエヌコーポレーション
定価:2,300円+税